日帰りバスツアーなら気軽に金沢観光ができます。

日帰りバスツアーなら気軽に金沢観光ができます。 金沢を気軽に観光したいのなら日帰りのバスツアーがおすすめです。
観光だけでなくグルメも堪能できるのでとても人気があります。
特に金沢はとれたての海の幸を楽しめるだけあって人気の観光コースになっています。
特に冬はカニを食べるコースがとても人気です。
その他にも季節ごとに旬の物を気軽に楽しむコースが用意されています。
日帰りバスツアーでは、バスガイドさんや添乗員さんが同行することが多いです。
そのため、観光スポットの豆知識や歴史、楽しみ方を教えてもらうことができます。
初めて行く場所でも気軽に観光を楽しめます。
さらに移動中も色んな名所の説明などをしてくれるのもメリットの一つです。
電車や新幹線で行くと荷物を持ち歩かなければなりません。
しかしバスであれば、大きな荷物はバスに置いておくことができます。
たくさんお土産を購入しても、荷物を持ち運ぶ必要がないので安心です。
また運転をする必要がないので、移動中はゆっくり休憩をしながら窓の外の景色を楽しむことができます。
お酒を飲んでも問題がなく、地酒なども思う存分堪能できるのでお酒が大好きな人にもおすすめです。
バスツアーは旅行会社やインターネットから予約をすることができます。
色んな種類のコースがあるので、自分の好みに合わせて選べます。

金沢観光の日帰りルートを上手に利用したい

金沢観光の日帰りルートを上手に利用したい 金沢観光の日帰りルートは、忙しい方にとって良い方法です。
行きたいエリアや目的別に行きたい場所や目的地をまとめておく事がポイントになります。
例えば市内中心にしたプランは代表的な観光を計画するのが大事です。
お城や庭園を中心にするのは代表的な金沢の日帰りルートになります。
お城と美術館をメインにしてまわる方が増えているのが特徴です。
美術が好きな方にとって、このエリアにある新しい美術館は人気があります。
昔の武家屋敷や市場を巡るコースはこの街の雰囲気を楽しむ事が出来るのお勧めです。
伝統的なお菓子や海産物など、お土産を買えるので短時間で観光を兼ねて色々な用事が済ませます。
金沢で日帰りの観光をするルートはいくつかありますが、何を中心に楽しみたいかによって選ぶのが大切です。
バスが充実しているので、移動が楽な地域になっています。
あまり時間がない方は、その中で効率よく動けるようなスポットをいくつか決めておいて検討するのが大事です。
この町は比較的に色々な施設が近隣に集まっているので、関心がある場所を事前に確認して旅行プランを決めます。
合間に人気のある飲食店で食事やお茶を楽しむなど、このエリアならではの遊び方があります。

観光とグルメも満喫できるのが金沢旅行の良さ

日本各地には、数多くの観光都市が存在をしてます。
いまでは世界屈指のトラベルスポットとなっている日本は、毎年数多くのインバウンド客が来日をしており、全国各地に足を運ばれるようになりました。
北陸地方だと金沢がその場所となり、国内でも昨今は高い注目を集める地域となっています。
簡単に金沢旅行の良さを見ると、グルメと観光の両方を満喫できる点が支持をされているといえるでしょう。
まず、北陸地方の場合は夏だと貝、冬はカニが旬の季節となります。
街中にはたくさんの飲食店があり、とくにお寿司は銘品と言われているものです。
和菓子店も多く、グルメを堪能したい方には打ってつけの地域です。
観光だとお城のほかに、美術館が市内の中心部にあります。
兼六園という名前の庭園は日本三大庭園に入っており、江戸時代から長く続く前田家の趣をじっくりと堪能できること間違いなしです。
1日だけでは市内一帯を見て回るのには時間が足りないほどの場所です。

金沢観光で持参をしておきたい必須の持ち物の種類

金沢というと、加賀百万石と称される古都です。
1600年に前田利家が築いた国で、約300年間もの間、北陸の玄関口として機能をしていました。
江戸を上回る石高となっていたので、百万石の大都市と言われたわけです。
今では観光スポットとして機能をしており、毎年国内外から約500万人以上もの方が訪れている地域です。
これから金沢観光を満喫しようという方も大勢いらっしゃるでしょう。
そこでここでは、観光に欠かせない必須の持ち物をご紹介します。
まずカメラは持って行くことをおすすめします。
ターミナル駅の駅舎が非常に魅力で、大きな鼓を2つ配置したゲートを備えているのがポイントです。
写真に撮っておけば、良い記念になること間違いなしです。
スニーカーも持ち物に入れるといいです。
市内は散策できるスポットが多く、履きなれた靴を持っておけば長時間の散策がしやすいのが理由となります。
観光時は履きなれたものに履き替えるのもいいでしょう。

低予算金額で金沢観光を楽しむ方法と魅力について

どなたでも、年に一度はどこかに旅行に行きたいと思われることでしょう。
旅をすることは毎日の日常とは異なった趣があるため、いい気分転換となります。
昨今では国内旅行が人気となっており、特に北陸地方が支持をされています。
これから金沢に行きたいけど、低予算の金額で観光を満喫したいという方も大勢いらっしゃるでしょう。
そこで、簡単に低予算観光のコツをご紹介します。
まず、金沢は観光都市という顔のほかに、ビジネスが盛んな地域性でもあります。
市内には数多くの会社があるため、出張で足を運ばれる方も少なくありません。
その影響からビジネスホテルもあるので、ここを活用するのがポイントです。
一泊で約4000円で宿泊をすることが出来、大幅なコスト削減となるわけです。
宿泊金額を抑えることで、現地の銘品となる寿司やカニといったご馳走を堪能することもできます。
観光を楽しみつつ、お腹も満たせて一石二鳥といえるのが魅力になる点です。

金沢は観光地以外でもたくさんの宿泊場所がある

金沢というと、多くの方が古都をイメージなさることでしょう。
300年以上もの長い歴史を有している土地で、江戸時代は加賀百万石という別称でも親しまれていました。
豪華絢爛な土地柄は、いまでもその趣を存分に残しているほどです。
観光地という顔を持つようになった昨今では、国内だけでなく海外からもたくさんの方が足を伸ばされるようになりました。
観光でこれから訪れたいけど、なかなか良い宿泊場所の予約が取れないとお悩みになっている方も大勢います。
ここでは穴場となる宿泊地をご紹介しましょう。
まず金沢の場合、市内一帯が有名な観光地となります。
著名なホテルも市内に多いのですが、東茶屋や近隣の小松市・山城温泉町などでもたくさんの旅館が点在をしているのがポイントです。
リムジンバスがあるため、これらの地域からでもアクセスがしやすいのが魅力となります。
またビジネスホテルもあるので、それを利用するという方法もあるので思案をしてみることです。

金沢は時期を縛られずに観光できる理由とは

金沢はいまでは、北陸だけでなく日本を代表する一大観光スポットとなりました。
2015年に北陸新幹線が開通したことで、東京から約2時間で向えるようになり、海外からもたくさんのインバウンド客が足を伸ばしているほどです。
この都市の魅力は、時期を縛られずに観光を満喫できることにあります。
理由は簡単で、市内一帯でいろんなアクティビティーがあるのが理由です。
簡単に魅力を見いて行くと、まず金沢城なら春は桜が満開となり、冬だと新雪に覆われた美しい景色を目にすることができます。
兼六園が目の前にあり、夏はこちらで新緑を堪能できるわけです。
近江市場では旬な銘品をたくさん販売しており、夏だったら白山一帯で栽培をされているスイカ、冬はカニなどの魚介類を購入することができます。
東茶屋という場所は、秋になると都踊りというお祭りを実施していて、1年間を通して市内一帯でいろんなアクティビティーを体感できる点が観光客に受けているわけです。

金沢の観光旅行に行ったら買いたい土産の好適品

金沢に旅行に出かけたときには、観光を楽しんだ後にお土産も買って帰りたいものでしょう。せっかくこの地域に行ったなら、この地ならではの美味しいものや記念になるアイテム、便利なものなどを買って帰ると良いかもしれません。
金沢土産の好適品といわれているものにも様々な商品がありますが、そのうちの1つには金箔のあぶら取り紙が挙げられます。
金箔を製造する工程で副産物を活用したもので、この土地らしさがある便利なアイテムです。ちょっとしたプレゼントにも適しています。
もし持ち帰ってお酒が好きな人に渡すのならば日本酒を選ぶのもよいでしょう。この地域には人気の銘柄の日本酒がいくつもありますので、好みに合うようなものを選ぶのがおすすめです。
それから人気の和菓子も、観光旅行のお土産に買うと良いかもしれません。らくがんや栗蒸し羊羹など様々な和菓子があります。人へ渡すお土産にするのならば、日持ちのするものを選ぶと安心です。

金沢を秋冬に観光するならここを見てこよう

金沢を秋冬に観光する際には、美しい紅葉や風情ある景観を楽しむ場所や、旬の食べ物を味わうことがおすすめです。
1.兼六園:代表する日本庭園で、季節ごとに美しい色彩で彩られます。ライトアップも行われ、幻想的な雰囲気を感じられます。
2.金沢城公園:お城と周辺の庭園が赤黄に彩られる光景は見応えがあります。城内や石垣からの眺望も素晴らしいです。
3.ひがし茶屋街:伝統的な町並みが残るひがし茶屋街は、昔ながらの趣が楽しめる場所。それぞれの季節にはランタンが灯され、風情が漂います。
4.21世紀美術館:現代アートの展示が魅力の美術館。シンボルであるスイミングプールは、冬でも幻想的な雰囲気を醸し出します。
5.かに料理:特にズワイガニが有名で、秋冬はかに料理を楽しむのに最適な季節です。かにしゃぶやかに寿司など、様々な料理を堪能できます。
6.ぶり料理:寒い時期に美味しいぶりを使った料理も人気です。ぶりの照り焼きやぶりしゃぶなど、素材の旨味を堪能できます。
美しい楓やもみじなどの自然や旬の食べ物を堪能できる季節です。伝統的な庭園や歴史的な町並み、旨味溢れる食材を楽しむことで、観光を満喫できるでしょう。

北陸の中心・金沢観光で出会える美しい風景

北陸の中心・金沢は、国内外で人気の観光地のひとつ。江戸時代に加賀百万石と謳われた豊かな土地・財力を元に、歴史や文化の薫り高い風情や情緒溢れる街並みなどが魅力です。
古くからの「街」のイメージがありますが、丘陵地にもほど近く城跡も小高い場所にあります。 そのため自然も豊かで四季折々の魅力に溢れており、どの季節に観光しても異なる景色が楽しめます。
有名どころでは、やはり兼六園の樹木が雪で折れないように縄で補強を施した「雪つり」の風景でしょうか。すっきりと吊り上げられた松の木などに雪が載る凛とした美しい風景は、やはり見ごたえがあります。暖かくなればまず梅がほころび、桜から皐月、水連から萩と四季折々の花々が楽しめます。
そのほか、主計町と東西の三つの茶屋街や長町の武家屋敷跡など、江戸の歴史を感じられる古い町並み、またこちらは夏の時期限定になりますが、外濠公演の白鳥路では街中にも関わらず蛍が飛び交う中を散歩できます。
また、大きな街だけあって、近隣の卯辰山などから見下ろす夜景も美しく、様々な魅力を堪能できることでしょう。

金沢観光で写真映えするスポットはどこにある?

観光地としても人気が高い金沢は、武家文化を色濃く残す古い町並みが特徴です。観光へ来るときにはやっぱり「写真映え」が出来るスポットを探してしまうのが、スマホを持つようになった年代ではないでしょうか。
たとえば、ひがし茶屋街は昔の雰囲気を残したままの街並みで、そぞろ歩きでとても素敵な時間を過ごすことが出来ます。
着物や浴衣を着て歩けば、写真映えすること間違いありません。ただ、このひがし茶屋街は観光スポットとして多くの人が訪れる場所です。そのため、写真を撮影するときはスピードが大切になるので長々と場所を確保したりしないように気を付けましょう。
ほかには、金沢21世紀美術館の屋外にあるプールはとても人気です。プールといっても濡れることがないので、安心して写真を撮影することが出来ます。
不思議な空間を楽しめるだけではなく、プールの上から撮影すればまるで水の中に入ったような写真を撮ることが可能です。屋外の芝部ゾーンは他にもいろいろとあるので、おすすめの撮影場所です。

金沢への観光時には公共交通機関を利用するとお得に

もしまとまった休みが取れたなら、家族みんなで金沢に観光へ行くと良いかもしれません。歴史的な建造物や趣のある観光名所がたくさんありますし、日本海に面しているので海産物も豊富です。
宿泊施設やビルの上から綺麗な夜景も楽しめるため、自分も家族も心から満足できるでしょう。
この時金沢市内のいろいろな場所を回るはずですが、必ず公共交通機関を利用してください。タクシーやレンタカーの利用は意外と高くなるかもしれないので、それなりのコストを覚悟しないといけなくなるからです。
ですが公共交通機関だと様々な場所に格安で運んでくれますし、時間を大幅に遅れることもありません。
中には回数券のような便利なアイテムも用意されているので、まとめて買うと一回あたりの利用料が大幅に下がります。
すごくお得なので、ぜひ購入しておいてください。
購入するには直接専用の窓口に足を運んでも良いですし、インターネットから注文しても大丈夫です。スマートフォンを使って事前に購入しておき、当日好きなタイミングでぜひ使用してみましょう。

金沢関連情報

金継ぎセット